2016.5.1
28年度行事予定更新しました。

LinkIcon行事予定はこちら

2015.11.2
学園祭を更新しました。

LinkIcon学園祭はこちら

2015.10.8
学園祭の案内を掲載しました。
2015.9.22
社会福祉法人現況報告書が閲覧出来るようになりました。

LinkIcon社会福祉法人現況報告書ダウンロードはこちら

2015.9.13
盆踊りを更新しました。
2015.6.21
鹿野学園財務諸表26年度分が閲覧出来るようになりました。

鹿野学園財務諸表ダウンロードはこちら

2015.6.7
行事予定更新しました。
スポーツフェスティバルを更新しました。
2015.5.20
生活支援員募集のおしらせを更新しました。

生活支援員募集のおしらせ

2015.3.20
鹿野学園財務諸表25年度分が閲覧出来るようになりました。
2015.1.8
平成27年度職員採用のおしらせを更新しました。
2014.10.15
鹿野学園財務諸表24年度分が閲覧出来るようになりました。
2014.04.30
鹿野学園財務諸表が閲覧出来るようになりました。
2014.04.30
ホームページ更新しました。

■職員募集のおしらせ

鹿野学園では職員、パートを募集しております。
活気のある職場で一緒に働きませんか?
くわしくはこちら

鹿野学園は、周南市北部の鹿野にあり中国自動車道鹿野インターチェンジからすぐの場所にあります。
豊かな自然環境にも恵まれ、四季折々の景色を楽しむ事が出来ます。
ここは知的障害と視力障害など、重複障害を合わせ持つ人も受け入れられる施設として、昭和43年4月に開設されました。
生活介護の中で、知的障害の程度により機能訓練を行ったり、軽作業を通じて生産活動に参加するなどの日中活動を行っています。この中のアルミ缶リサイクル作業やウエス作業では地域の方々の協力のもと、アルミ缶やウエス加工衣類を収集しています。
生活支援員だけでなく、全職員で、一人ひとりの障害を深く理解し、人権尊重の立場に立って日々の生活を大切にし、心身共に健全で過ごせるように万全の気配りをしています。

成年後見制度は、判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、人としての尊厳が損なわれたりすることがないよう、法律面や生活面で支援する仕組みです。ごく普通の生活を送る上でも、様々な「契約」が前提とされるようになりました。障害のある方が、日常生活に必要な品物を購入したり、福祉サービスを利用するのも契約です。ご親族などの支援がなく、ご自分の財産をご自分で守るという生活の基盤すら危うくなることがあり、今後ますます多くの方々にとって必要不可欠な仕組みになると考えられます。後見人の活動は、具体的には、ご親族などが家庭裁判所に申し立てを行い、後見人が選任されて始まります。保護者(身元引受人)のおられないご利用者については、市町村長に成年後見の申し立ての手続きを要請し、ご利用者の権利や財産が守られるよう努めています。後見人は、ご本人に代わって契約などの法律行為を行い、よりよい生活に向けた配慮とともに、生活を支えます。
また、施設内に虐待防止委員会を設置し、話し合いや研修を積み重ね、ご利用者の安全と人権擁護の観点から、適切な支援が実施されるよう努めています。

『苦情解決』は、施設利用者の皆さんのよりよい暮らしをつくるために、全国の施設で取り組まれている制度です。
ご利用者の日々の暮らしが喜びや充実感により満ちたものになること、それは私たち職員の喜びでもあります。毎日の暮らしの中で、施設や職員に対するご不満やお気づき、暮らしに対するご提案などがあれば、どんな小さなことでも、どうかあなたの声をお聞かせください。
要望や苦情は苦情受付担当者へご相談下さい。成人部、第二成人部に設置してある「ご意見箱」でも受け付けています。

苦情解決責任者 施設長
苦情受付担当者 成人部、第二成人部に各1名
また、第三者委員を2名置いています。施設と利用者の間に入って公平、中立の立場から問題解決、調整に取り組みます。

このほか、外部からの要望や苦情受付として〈公益通報窓口〉を事務長が担当しております。